乾燥肌の対策には食べ物が肝心

乾燥肌は、お肌の水分量や皮脂分泌が少なく、保湿因子なども不足している状態になっています。

 

乾燥肌は、紫外線の影響を受けたり、ほこりやカビがアレルゲンとなって、皮膚にかゆみが出たり、赤く炎症を起こしたりすることがあります。

 

乾燥肌対策には、保湿成分を配合したスキンケア用品の利用も効果的ですが、肌の保湿に効果的な食材を補給するのもいいようです。

 

1日3回の食事の中で、保湿力を高める成分がある食べ物を体内に取り入れることで、乾燥肌の対策効果が期待できるというわけ。

お肌を強化する成分

お肌の粘膜を強化する作用がある成分はビタミンAです。

 

ビタミンAの多い食材には、にんじん、ほうれん草、カボチャといった緑黄色野菜があります。皮膚の新陳代謝を活発にする成分に、ビタミンB群があります。ビタミンB群が多い食材は、豚肉や、玄米といった食材になります。

 

コラーゲンの生成にビタミンC

 

ビタミンCには皮膚のコラーゲンの生成を助ける働きがあり、レモンやいちご、キャベツ、みかん、オレンジなどの野菜や果物に多く含まれている成分です。

 

血液の流れにビタミンE

 

高い抗酸化作用があり、血液の流れをスムーズにしてくれるという栄養成分が、ビタミンEです。

 

多くのビタミンEを摂取することができる食べ物には、アボカド、ごま、アーモンド等のナッツ類があるため、機会があったら食事に使うといいでしょう。

 

手に入りやすい食材で、乾燥肌対策の献立をつくることが可能ですので、肌の保湿力をあげたい人は、今すぐにでも取り組むことができます。

 

たくさん摂取しても害にならない

 

ビタミンCや、ビタミンBは水溶性のビタミンなので、一気にたくさん摂取しても過剰摂取にならず、尿になって排出されます。

 

食事の偏りがないように注意をすることは、乾燥肌対策だけでなく、年齢を重ねても若々しい体をキープしたいという人が、美容や、健康維持にも有効です。

  • オーガニックコスメって?
  • 無添加とどう違う?
有機栽培HANAオーガニックの魅力とは。
口コミから見る天然100%の効果を徹底調査してみました!