パラベンは実は安全な防腐剤

化粧品の成分を見てみると、「パラベン」と書かれている商品は数多くあります。

 

パラベンの正式名称は、「パラオキシン安息香酸エステル」や「パラオキシン安息香酸メチル」と言い、化粧品の長期保存を可能にします。

 

パラベンはアレルギーを起こす危険性や、環境ホルモンの疑いもある合成防腐剤として、多くの商品に使われている一般的な成分とされています。

 

メチルパラベンは肌への刺激が少ないとされていますが、アレルギーや皮膚障害に対する安全性は100パーセントではなく、稀にアレルギーを起こします

 

しかしメチルパラベンは配合上限濃度が1%までと決められていますが、0.3%以下の配合率のものがほとんどで、メチルパラベンは水溶性成分なので、実際シミやシワを助長することもありません。

 

防腐剤成分はほとんど無害


メチルパラベンなどの防腐剤成分は刺激反応さえ起こさなければ、ほとんど無害だと言えます。

 

パラベンの無添加化粧品のほうが安全だという人が居ますが、敏感肌の方の場合では逆に防腐剤が入ってない方が危険だと言えます。

 

化粧品は防腐剤が入っていないとすぐに腐敗してしまい、肌に刺激のある物質に変化してしまいます。

 

管理を完璧に行えば大丈夫ですが、日の当たる場所に置いておいたり、保管状態が悪いと腐敗が進みます。化粧品を開封してからの酸化にも注意しなければなりません。

無添加化粧品に注意

パラベンなどの防腐剤が不使用の場合、すぐに使い切らずもったいないからと少量づつ使っている場合だと、菌も付着しどんどん増えています。

 

そして、結果菌を塗り付けているのと変わらない為、肌トラブルを招く大きな原因になります。化粧品に防腐剤が入っていると、何の問題も無く安心して化粧品を使うことが出来ます。

 

そしてパラベンは化粧品だけでなく、食品や飲料水、医薬品と様々なものに使用されています。パラベンは化粧品に配合するレベルなら問題ないとも言えます。

 

また、パラベンを使用していないけれど、他の防腐剤をしているという場合もありますので使用の際には一度成分を見ると良いです。

 

無添加の物をどうしても利用したいなら、「毎回使い切り」の物を選ぶのがお勧め。お試し品などでよくある、1つ1つ袋に入っている感じのイメージです。

 

ですが、使い切りタイプは1つ1つ小分けになっているので、値段が高くなってしまうのが悩みどころですね。

 

あまりパラベンに過剰に反応しなくても良さそうです。

  • オーガニックコスメって?
  • 無添加とどう違う?
有機栽培HANAオーガニックの魅力とは。
口コミから見る天然100%の効果を徹底調査してみました!