しみの原因とは?

しみの原因は、「メラニン色素が肌の内側に張りつくこと」です。CMなどでもお馴染みのフレーズですね。

 

メラニンとはそもそも何なのかというと、上記した通り「色素」なのですが、メラニン自体がしみの色なわけではありません。

 

黒くなるのは、肌の受けたダメージを治療したり、内側にある老廃物を除去した結果からなのです。ようするに、ダメージを受けるほど、メラニンは増えて仕事をするのです。

 

老廃物、いわば廃棄物です。色が黒いことに違和感は誰も覚えませんね。

日焼けはメラニンが過剰に分泌

日焼けを良くする人は肌にしみが多く出来ています。

 

黒いままだと黒いしみは目立たないのでわかりにくいですが、例えばその人が日焼けを止めて本来の肌色に戻った時によくわかります。

 

しみの原因の多くは「メラニンの過剰な生成」によるものであり、その引き金は「紫外線」なのです。

 

では、どうすればメラニンを増やさないように出来るのか。答えはいくつかあります。一番単純な答えは、日に当たらないことです。紫外線のダメージがなければメラニンは生成されません。

 

日焼けの嫌いな人や、外に出ることが少ない人の肌は綺麗なまま保てるのです。

 

ですが、外に出ないで生きていくのはなかなか大変なことですから、出来る限り日焼けをしないことを強くお勧めします。

もう一つのしみの原因「老い」

そしてもう一つ、しみの原因があります。それは「老い」です。愕然とする前に、すぐに原因を知って対策をしましょう。

 

人は歳を取ります。脳も、内臓も、もちろん肌も歳を取るのです。歳を取るというのは、簡単に言うと「機能が低下し、その上もろくなる」のです。

 

肌が紫外線のダメージを治療する上でメラニンを作ることは上記しましたが、そのダメージに対して、歳を取ると確実に弱くなります。

 

ですから、老化から肌にしみが出来ることは多いのです。誰でも、肌がしみだらけのご老人を見たことがありますね、それです。

しみができてしまったら?

出来てしまったしみには、専用の化粧品、ちゃんとした薬や治療があります。

 

深刻に思う方は皮膚科を診断すると良いでしょう。そして、老化は防げないですが…、紫外線は防げます

 

しみは、実は一度出来ると厄介です。なかなか消えませんので、予防から努力をすること、そして出来てしまっても正しい治療を受けることが望ましいでしょう。

  • オーガニックコスメって?
  • 無添加とどう違う?
有機栽培HANAオーガニックの魅力とは。
口コミから見る天然100%の効果を徹底調査してみました!