顔のくすみの原因とは

くすみと言っても、実は大きく分けて3つのくすみに分けられます。

  • 角質の重層化
  • 血液循環の不調
  • 皮脂の酸化

 

くすみの種類と原因を調べてみました。

くすみの種類と原因

角質の重層化

角質というのは1度は聞いた事があるのではないでしょうか。

 

皮膚というのは実は4層になっており、1番外側にあるのが角質(角質層)なのですが、本来であれば外的刺激から肌を守り不要になった角質は垢となってはがれ、また新しい角質に入れ替わるといったサイクルを繰り返しています。

 

ところが、エアコンによる乾燥…日々のストレスや疲れなどから、このサイクルが正常に行われず角質がはがれずに、どんどん肌に残っていくのです!

 

結果、透明感がなく、くすんだ様にみえてしまうのです。

 

血液循環の不調

女性なら気になる方も多いのではないでしょうか?

 

冷え、肩こりです。こういった現象の大きな原因は血液循環の不調なのです。

 

血液循環の不調がおこると、肌では赤色よりも黄色が目立ってくるのです。これがくすんだ様に見えるのです。

 

血液循環がとても良い赤ちゃんなんかは、ほっぺもとても赤いですよね。特に血液循環が悪くなる環境、座りっぱなしや立ちっぱなしには注意が必要です。

 

皮脂の酸化

皮脂が出やすい方で、多いお悩みが実はくすみです。皮脂そのものは、くすんだ色はしていません。

 

ではなぜくすむのか?それは皮脂が酸化する事が原因です。

 

過剰に出てしまった皮脂をそのままにしておくと、紫外線に当たった皮脂は酸化し、茶色くなっていくのです。半分に切ったリンゴが茶色くなるのと同じですね。

 

これは特に夏場に注意が必要です。

  • オーガニックコスメって?
  • 無添加とどう違う?
有機栽培HANAオーガニックの魅力とは。
口コミから見る天然100%の効果を徹底調査してみました!