透明感のある肌になる為には

透明感のある肌は、女性なら皆さん憧れることでしょう。

 

生まれつき、きめの細かい肌・浅黒い肌・ニキビ肌など、生まれ持った肌質はあるにせよ、普段のお手入れの仕方で、理想の肌へ近づけることができると思います。

 

肌は敏感で、様々な要素を反映させます。ここでは、ストレス・食事・洗顔・化粧品についてそれぞれ簡単にお話しできればと思います。

 

ホルモンバランスとストレスの関係

まず、ストレスについてです。お肌が生き生きしているためには、ストレスを抱え込みすぎないことがとても大切です。

 

ストレスが大きくなると、ホルモンバランスが崩れ、体の中から、肌を作り出す機能が低下し、安定しなくなります。疲れたら、ゆっくりお風呂に入る、リラックスできる時間を作るなど、工夫しましょう。

食事で良質なタンパク質を

次に、食事についてです。これもとても大切な基本要素です。

 

特に、良質なタンパク質が、人間の内臓・皮膚・爪・髪など体を作るのには欠かせません。油分の少ない、大豆などの植物性が望ましいでしょう。意識して、毎日摂取するようにしてください。

洗顔の仕方

洗顔料や洗顔の仕方も大切です。洗顔フォームは必ず網などでしっかり泡立てます。

 

この泡のきめの細かさが、肌のきめ細かさに比例すると思ってください。そして、顔全体に優しくぽんぽんと言う感じで泡をのせます。決してごしごしと肌を動かしてはいけません

 

泡が、毛穴に入り、汚れを浮き出すのを待ちます。そして、そのあとしっかりとぬるま湯で落とします。

 

時々、毛穴の掃除をするパックをするのがおすすめです。肌の色がワントーン明るくなります。また、ふき取り化粧水を使うと、肌の表面の角質をしっかり取ってくれるので、そのあとの化粧水が入りやすくなります。

化粧水はコットンで

化粧水は、手ではなくコットンにしみこませて、叩き込むようにしっかりと肌の奥まで浸透させましょう。乳液もお忘れなく。

 

美容液は、毎日使用しても良いですし、肌トラブルが気になる時に使用しても、良いでしょう。

 

以上、簡単ですが基本的なことを書きました。自分の肌に愛情を持ち、丁寧に扱ってあげてください。そうすれば、肌も答えてくれるはずです。

  • オーガニックコスメって?
  • 無添加とどう違う?
有機栽培HANAオーガニックの魅力とは。
口コミから見る天然100%の効果を徹底調査してみました!